レギュレーター

エステックプロはスキューバダイビング器材メンテナンスの経験豊富なスタッフ4名で運営されているダイビング器材メンテナンスのプロ集団です。
このページではスキューバダイビングには欠かせないダイビング器材、レギュレーターについてどんな器材なのかを詳しくご説明します。

レギュレーターとは?

レギュレーターとは空気の無い水中でダイバーが呼吸をするためのスキューバダイビングには欠かせない器材で、長時間のダイビングができるように、圧縮された空気のタンク(シリンダー)に取付け、ダイバーが呼吸できるレベルにその空気の圧力を下げる(減圧させる)器材です。

レギュレーターとは

レギュレーターの役割は?

ダイバーが安全で快適なダイビングを行えるよう、水中で呼吸を続けることができる役割を持っています。
水中での呼吸は、できる限り陸上での呼吸と変わらないレベルに近い方が良く、ダイバーによっては水深が20m~50mと潜る場合もあり、その水深に応じても呼吸レベルの変化を少なくし、ダイビングを楽しむための器材です。
主にファーストステージとセカンドステージにわかれ、タンク内の圧縮された空気をダイバーが吸いやすい空気に変換します。

ファーストステージはどんな役割?

ダイバーが呼吸できるように、タンク(シリンダー)内の圧縮空気(約200kg/cm2又は2,850psi)を減圧(約10kg/cm2または142psi)して、セカンドステージへ空気を送り出します。

ファーストステージ

セカンドステージはどんな役割?

ファーストステージから送り込まれた空気を更に減圧し、ダイバーが呼吸できる状態を作り出します。

レギュレーターにはどんな種類がある?

ファーストステージでは、ピストンタイプとダイアフラムタイプがあります。
セカンドステージでは、SCUBPRO製品でスタンダードタイプとバランスタイプ(高性能)があります。

レギュレーターの構造

レギュレーターの内部には安全で快適なダイビングを実現するために細かなパーツが多く使用されています。
ここではスキューバプロのレギュレーター内部の図を例としてご紹介します。

1stステージの内部構造

1st-スタンダードピストン

スタンダードピストン

1st-バランスピストン

バランスピストン

1st-バランスダイヤフラム

バランスダイヤフラム

2ndステージの内部構造

2nd-スタンダード ダウンストリーム

スタンダード ダウンストリーム

2nd-バランス ダウンストリーム

バランス ダウンストリーム

レギュレーターの選び方のコツ

レギュレーターを選ぶ際に一番重要なのが、「保証」や「交換や修理に必要なパーツが継続して手に入るか」という2点です。レギュレーターは定期的なメンテナンスやオーバーホールを行うことで長く使えるダイビング器材です。そのため「保証」がついているか、日本国内で交換パーツが継続して手に入るかという点が大切になります。インターネットオークションなどで安価なレギュレーターが売られているのを見かけますが、「保証」や「交換パーツ」が手に入るか、日本国内でメンテナンス可能なサービスセンターがあるかなどを事前に確認しておかないと、オーバーホールができないなどの可能性があります。
また、他にもレギュレーターを選ぶ際のポイントや基準として、デザイン性や耐久性、重さ、呼吸のしやすさ、メンテナンス環境が整っているか、価格帯、メーカー、レギュレーターオーバーホール時の交換部品の値段、パージボタンの押しやすさ、可動部(スイベルなどで可動しやすいレギュレーターもあります)、空気流量が調整できるか、マウスピースのくわえやすさ、素材などがあげられます。
まずは大体で良いので予算や価格帯を決めます。各メーカーが予算帯に合わせたレギュレーターを用意しているので予算に応じて自分に合ったレギュレーターを選びます。
また、デザイン性や色なども各メーカーがさまざまなバリエーションを用意しているので、デザインや色で選ぶ方法もあります。
呼吸のしやすさやパージボタンの押しやすさ、空気流量が調整できるかなど、使い勝手を優先して選ぶ方もいらっしゃいます。
メンテナンスの体制や交換部品の値段も長期的に使うレギュレーターを選ぶポイントになります。レギュレーターを長く愛用するには信頼のおけるダイビング器材メンテナンスサービス店とのつきあっていく必要があります。

レギュレーターに必要な付属品

ファーストステージやセカンドステージの他にホースが必要です。また、オクトパスや残圧計、コンパスなどもダイビングに必須の器材となります。

レギュレーター関連サービス

エステックプロではレギュレーターオーバーホールやナイトロックス対応、ホース交換など、様々なダイビング器材のメンテナンスに対応しています。レギュレーターオーバーホールの費用や対応メーカー、いつまでにオーバーホールできる?などのご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

レギュレーターオーバーホール
ナイトロックス
SCUBAPRO S600 リメイクプログラム
ホース・マウスピース交換

スタッフ紹介

わたしたちがお客様の大切なレギュレーターをメンテナンスいたします。

前西 浩二
前西 浩二代表
堂ノ下 員成
堂ノ下 員成業務執行役員
与斉 友幸
与斉 友幸Maintenance Maneger
田井 良太
田井 良太System Administrator
お問い合わせ