ダイブコンピュータ

エステックプロはスキューバダイビング器材メンテナンスの経験豊富なスタッフ4名で運営されているダイビング器材メンテナンスのプロ集団です。
このページではダイブコンピュータについてどんな器材なのかを詳しくご説明します。

ダイブコンピュータとは?

ダイブコンピュータとは、スキューバダイビング中に現在自分が潜っている水深や温度、潜水可能時間などを計算してくれるダイビング器材です。
特に、減圧症にならないための「無減圧潜水時間」(NDL)の計算が重要な機能で、ダイブコンピュータは無減圧潜水時間を水深や潜水時間から計算しリアルタイムで表示してくれます。
また、無減圧潜水時間が近づくとアラームで知らせてくれたり、ダイビング終盤で行う「安全停止」のカウントダウンも行ってくれたりと、安全なダイビングに必須の器材となっています。
ダイコンやDCなどと略して呼ばれることもあります。
コンピュータと名前がついていますが実際には腕時計のタイプやコンソール型のタイプなど、ダイバーがダイビング中に見やすく使いやすいように設計されています。

ダイブコンピュータとは

ダイブコンピュータの役割は?

ダイブコンピュータはダイバーが潜っている際の水深や潜水時間から体内窒素量などから減圧症にならないための無減圧潜水時間を計算します。ダイビング中は常にリアルタイムで無減圧潜水時間がダイブコンピュータ上に表示されるので、ダイブコンピュータの値を確認しながらダイビングをすることができます。
また、ダイビング終盤時の安全停止の時間の表示も行います。ダイビングコンピュータは安全なダイビングをサポートしてくれる役割を持つダイビング器材です。

ダイブコンピュータにはどんな種類がある?

腕時計としても使用できるリストウォッチタイプ、画面の見やすい大型画面のタイプ、コンソールタイプ、頭部につけて使用できるヘッドタイプなど?ダイバーのニーズに合わせて様々なタイプのダイブコンピュータが販売されています。

ダイブコンピューター ベルト交換 Z1

リストウォッチタイプ

g2

大型画面のタイプ

GALILEO HUD

ヘッドアップディスプレイタイプ

ダイブコンピュータの選び方のコツ

ダイブコンピュータを選ぶ際に一番大切なのが、安全なダイビングを行えるかという点です。そのため、警告音がしっかりなるか、潜水モードへの切り替え、安全停止時間を自動で表示してくれるかなどのポイントが最優先事項となります。
ダイブコンピュータは電池(バッテリー)で動くので、電池寿命も重要なポイントです。電池寿命の長いソーラータイプのダイブコンピュータや充電が可能なダイブコンピュータもあります。また、電池がなくなったときはダイブコンピュータの電池交換をする必要があるので、日本国内で電池交換に対応しているメーカーかどうかも確認しておきます。また、「保証」がしっかりとついているか、バッテリーなどの交換部品が長期に渡って継続して手に入るかという点も長くダイビングコンピュータを使うという点で大切なポイントです。
プラスアルファのオプション機能として、ナイトロックス対応や混合ガス対応、トランスミッター付属で残留エアーをリアルタイムで確認できる機能を持つダイブコンピュータもあるので、ダイビングのスタイルにあったダイブコンピュータを選びます。
ボタンの押しやすさやデザイン性、価格帯もダイビングコンピュータ選びのポイントとなります。リストウォッチタイプは普段使いの腕時計としても使用できるのでデザイン性も選ぶポイントとなります。

  • 警告音
  • 潜水モードへの切り替え
  • 安全停止時間の自動表示
  • 機能
  • ボタンが押しやすい
  • 画面が見やすい
  • デザイン性
  • 価格帯
  • 電池交換のしやすさ

などがダイブコンピュータを選ぶ際のポイントとなります。

ダイブコンピュータのメンテナンス方法や管理方法は?

使用後に可能な限り早めに海水分(塩分)を取り除くと、それぞれのパーツの錆や劣化を遅らせることになり、長くご愛用いただけます。
また、直射日光に長時間さらすと、液晶パネルや樹脂パーツの劣化を早めます。

ダイビングコンピューターは時計屋で電池交換できる?

いえ、できません。ダイブコンピューターは時計型のタイプもあり、時計屋さんで電池交換ができそうですが、ダイブコンピューターにはゴムパッキンやOリングなど、水漏れを防ぐ多くの部品が使用されており、ダイブコンピューターの電池交換時にはそれらの部品も一緒に交換します。
また、電池交換後も動作確認やチャンバーに入れての耐圧検査・チェックなど、時計屋さんではできない多くの作業を行っています。
時計屋さんでのダイブコンピューターの電池交換は高い確率で水漏れの原因となり、また、メーカー保証もきかなくなるのでおすすめいたしません。

ダイブコンピュータ関連サービス

エステックプロではダイブコンピュータの電池交換やオーバーホール、ベルト交換などのメンテナンスサービスに対応しています。ダイブコンピュータ電池交換の費用や対応メーカー、いつまでに作業できる?などのご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

ダイブコンピュータ電池交換
UWATECダイブコンピュータ電池交換
DCリフォーム
DCオーバーホール
ダイブコンピュータベルト交換
Xtender V3/クアトロ用ウレタンベルト パッケージプログラム

スタッフ紹介

わたしたちがお客様の大切なダイブコンピュータをメンテナンスいたします。

前西 浩二
前西 浩二代表
堂ノ下 員成
堂ノ下 員成業務執行役員
与斉 友幸
与斉 友幸Maintenance Maneger
田井 良太
田井 良太System Administrator
お問い合わせ