ダイブコンピュータオーバーホール

長らく使用されているダイブコンピュータほど、汚れや潮、砂等がボタン部分やセンサー部分にたまることにより、

サビが発生しやすくなります。サビ付いてしまうと、ボタンの動作が固くなったり、防水機能の劣化に

繋がります。ダイブコンピュータ オーバーホールでは、汚れは潮、サビの除去は勿論、パッキンも全て新品に

交換、グリスアップしますので、ボタン動作の回復とダイブコンピュータの長持ちに大いに貢献します。

 

対象機種 : Xtender V3 / Xtender Quattro / Xtender 5 / CROSS・B.U.G 類 / GUMI & Jelly / XP-Eins / anfibio

ダイブコンピュータ オーバーホールはこの様な場合にお勧めです。

 ●しばらくダイブコンピュータを使用していなかった方

 ●ボタンが固くなり押しづらい、反応が鈍いと感じている方

 ●サビが出てきてしまい気になっている方

オーバーホール作業工程

STEP.1【作業前点検】

STEP.2【分解・パーツ点検】

STEP.3【パーツ洗浄・清掃】

STEP.4【バッテリー交換】

・ベルト、ケース、ボタン等の本体の損傷点検

・ダイブモードへの切り替え点検、アラーム音点検、ログ表示点検

・分解し各パーツの損傷、割れやサビ等による劣化を点検確認

・分解したパーツを超音波洗浄

・超音波洗浄が出来ないパーツは手洗いで丁寧にクリーンアップ

・同時にバッテリー接触部分の清掃、電流量等に異常が無いか測定・点検

STEP.5【組立・パッキン交換】

STEP.6【時刻合わせ・動作確認】

STEP.7【チャンバーテスト】

STEP.8【最終点検】

・洗浄したパーツを組み立て、パッキンは全て新品に交換

・ダイブモード切替点検、時刻、日付合わせ

・DECO STOP、SLOW等の警告表示、セイフティータイマーの起動確認

・水深表示誤差点検、及び内部に曇りが発生しないか確認

・チャンバーテスト翌日、N2・O2バーグラフが初期値に戻っているか確認

・ログデータが正常に記録されているか確認

洗浄前

洗浄・クリーニング後

多くのパッキンがダイブコンピュータには使用されています。

オーバーホールでは全て新品へ交換します。